フケを改善する方法

フケ改善は頭皮ケアがポイント

頭皮を乾燥させない

フケの原因の一つに頭皮の乾燥があります。乾燥することで頭皮のバリア機能が低下します。その結果、紫外線や外部刺激を受けやすくなり、フケが出やすくなります。乾燥するとパラパラとしたフケがでます。頭皮の乾燥は洗浄力の強いシャンプーが引き起こします。市販に多い石油系界面活性剤(硫酸ナトリウム)を使用したシャンプーは皮脂を取りすぎます。フケ、痒みにはアミノ酸シャンプーの使用をおすすめします。

皮脂によるマラセチア菌を抑える

フケ、痒みの原因が皮脂による細菌の繁殖です。頭皮の皮脂が増えるとマラセチア菌が繁殖し、炎症を引き起こします。炎症がひどくなると痒み、フケを引き起こす脂漏性皮膚炎になります。マラセチア菌を抑えるには殺菌成分を配合したシャンプーの使用がおすすめです。

生活環境、食事などの改善

脂漏性皮膚炎の改善には食事も重要です。ビタミンB群をしっかり摂る事が推奨されています。ビタミンB群はレバーをはじめ、 鰻、卵、納豆、バナナなどに含まれています。ビタミンB2は脂質代謝を促進し、ビタミンB6はタンパク質の代謝を促進します。粘膜や皮膚を健康に保つ作用があり、不足すると肌荒れの原因となります。

炎症を抑える治療薬を使用

脂漏性皮膚炎で頭皮のかゆみ、フケがひどい場合は皮膚科で治療を受けることをおすすめします。皮膚科では主にステロイドが処方されています。炎症とかゆみを抑えるリンデロンVGローションなどを使用します。その他、抗真菌作用のあるニゾラールクリームなどが処方されることもあります。

フケ対策におすすめのシャンプー



●コラージュフルフルスカルプシャンプー
コラージュフルフルシャンプーには抗真菌成分を配合。脂漏性皮膚炎の原因となるマラセチア菌の増殖を抑制し、フケ、痒みを防ぎます。その他、殺菌作用や匂いを抑えるピロクトンオラミンも配合。洗浄成分はアミノ酸のため、皮脂の摂りすぎを抑えて頭皮を優しくあらいます。



●スカルプD
スカルプDにはドライ、オイリー、ストロングオイリーの3種類のアミノ酸シャンプーがあります。スカルプDにはフケやかゆみの原因となる細菌を抑えるピロクトンオラミンをはじめ、炎症を抑えるグリチルレチン酸2kなどを配合。その他にも頭皮に潤いを与える植物エキスも豊富に配合。洗浄成分はアミノ酸だから、皮脂を取りすぎる事もありません。



●ポリピュアEX スカルプシャンプー ポリピュアEXスカルプシャンプーにはフケ、痒みの原因となる細菌を抑えるピロクトンオラミンを配合。その他、炎症を抑えるグリチルレチン酸2k、酸化を抑えるビタミンE誘導体を配合。その他にも、頭皮環境を整える植物エキスを24種類も配合。コンディショナーなしでもキシミがありません。洗浄成分はアミノ酸だから頭皮の乾燥や皮脂の取りすぎを防止します。

コラージュフルフルスカルプシャンプーのおすすめポイント

殺菌作用でフケ、痒み抑制

コラージュフルフルスカルプシャンプーにはフケの原因となるマラセチア菌を抑える硝酸ミコナゾールを配合。さらに、殺菌作用のあるピロクトンオラミンも配合。皮脂の増加による細菌を抑えることで、炎症によるフケ、痒みを抑制します。

アミノ酸だから低刺激で頭皮に優しい

コラージュフルフルスカルプシャンプーはアミノ酸洗浄成分を使用。アミノ酸洗浄成分は皮脂を取りすぎることなく、毛穴の汚れを吸着して取り除きます。頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌を抑制し、髪の毛も軋みません。

10種類の植物エキス配合

コラージュフルフルスカルプシャンプーには抗酸化作用のあるローズマリーエキスをはじめ、頭皮を活性化するセンブリ、ニンニク、炎症を抑えるアルニカ、オドリコソウエキスなどを配合。頭皮環境を整え、育毛をサポートします。

フケ症の種類と対策



フケ症には乾燥タイプと脂漏症タイプがあります。女性に多いのが乾燥タイプ、男性に多いのが脂漏症タイプです。乾燥タイプは乾いたパラパラしたフケがでます。脂漏症タイプはべたついたフケが多くでます。

乾燥タイプの場合、刺激の強い高級アルコール系シャンプーや石鹸洗浄タイプのシャンプーは皮脂を摂り過ぎます。その結果、頭皮のバリア機能が乱れてしまい、外部刺激が入りやすくなります。また、乾燥によって頭皮の角化が早くなり、必要以上に角質層が剥がれてしまい、フケとなります。

脂漏タイプは男性ホルモンやストレスの影響で皮脂が過剰に分泌している状態です。皮脂を作るのと同じく、細菌が大量に発生し、代謝も非常に活発になります。その結果、頭皮の角質層が剥がれ落ちてべたついたフケとなります。

●フケ症の対策
●アミノ酸シャンプーを使用する
乾燥肌、脂性肌のどちらにもおすすめしたいのがアミノ酸シャンプーです。アミノ酸シャンプーは皮脂を取り過ぎる事はありません。皮脂を取り過ぎると代謝が余計に早くなり、フケが増えてしまいます。乾燥肌、脂性肌のどちらでも頭皮に必要以上の刺激を与えないことがフケ症を改善するために欠かせません。

●ストレスを溜めない
ストレスはホルモンバランスの乱れを引き起こします。男性ホルモンが増えることで、皮脂の分泌が増えやすくなります。ストレス解消にはしっかりと睡眠です。できるだけ6時間は睡眠を取ることをおすすめします。また、自分の趣味に没頭したり、適度に体を動かすこともストレス解消に最適です。

●食事
フケ対策で大事なのがビタミンBです。特にビタミンB2、B6がフケ症の改善には欠かせません。レバーや魚介類、大豆などを積極的に摂ることが頭皮の改善をサポートします。

●皮膚科
脂漏症皮膚炎によるカユミがひどく、フケが収まらない場合は皮膚科での治療をおすすめします。フケ症には抗炎症作用のある塗り薬やステロイド、抗生物質などを症状に応じて処方して貰うことがフケ症の治療には非常に有効です。

フケ、かゆみを抑える方法



●フケ、かゆみの原因

頭皮のフケ、痒みの多くは脂漏性皮膚炎と呼ばれる炎症によって発生します。脂漏性皮膚炎はストレスやホルモンバランスの乱れによって発生する皮脂の増加が原因です。

皮脂が増えることでフケの原因菌となるマラセチア菌が発生します。このマラセチアが皮脂を分解する過程で炎症が発生し、フケや痒みを引き起こします。ここではフケ、かゆみを抑えるシャンプー、市販薬などを紹介します。

●フケ、かゆみ対策

フケ、かゆみ対策で使用するシャンプー、市販薬について紹介します。まずフケ対策では皮脂の増加によって発生するマラセチア菌の繁殖を抑える事が重要です。かゆみ対策には炎症を沈める事が重要になります。(参考:脂漏性脱毛について



●コラージュフルフルシャンプー
脂漏性皮膚炎におすすめのシャンプーがコラージュフルフルシャンプーです。コラージュフルフルシャンプーには抗真菌剤「硝酸ミコナゾール」が含まれています。真菌(マラセチア菌)の繁殖を抑えることで、フケの発生を抑えます。

さらに、コラージュフルフルシャンプーはアミノ酸などの優しい洗浄成分のみを使用。洗浄力の強いラウリル硫酸ナトリウムなどの石油系界面活性剤は一切使用していません。



●メディクイックH

メディクイックHは炎症を抑えるステロイド、かゆみを抑えるクロタミン、殺菌作用のあるイソプロピルメチフェノールなどを配合した市販薬です。痒みのある部分にスプレーすることで、炎症による痒みを抑えます。



●ムヒHD
ムヒHDにも炎症を抑えるステロイド(PVA)を配合し、炎症を抑えます。その他にも痒みを抑えるジフェンヒドラミン塩酸塩、殺菌作用のあるイソプロピルメチフェノール、さらに皮膚を修復するアラントインやパンテノールも配合しています。